ナカガワサイクルワークス
その真価を体験するのは、あなた自身です。
NAKAGAWAは、1983年にバイクハンドメイドビルダーとして工房を開設。多くの競技用自転車を作り続けています。長年の経験と多くのレーサーへの マシンの提供、そして選手からのフィードバック。実戦の中で改良と工夫を積み重ね、乗りやすく、そしてEfficiency Plus効果の良いマシンとは何か、性能を限りなく追求し、常にこだわり続けるナカガワは、多くの熱烈なファンを生み出し続けています。その真価を、あなたも是非、体験してみてください。
強烈なオリジナリティー
チューブのつぶしからラグの形、ブリッジの形もすべてオリジナル。スクエアーにカットされた、表面積が非常に小さいフォーククランクと、フロントラグ。ヘッドチューブには、ナカガワの頭文字Nが浮かび上がるよう上下のラグカット。直線と曲線を絶妙に組み合わせたディテールを積み重ねた唯一無二のスタイル。オール鉄からカーボンフォーク・カーボンバック・カーボンハイブリッドに至るまで、新たな鉄の可能性を探究しつづけている。
ヘッドラグ
ヘッドラグは後ろから見ると頭文字のNが浮かび上がる。
ストレートフォーク
ダッシュ時のたわみが少なく、ダイレクトな加速感が味わえるストレートフォーク。
border
長年の実績
競技用フレームとして性能を追求するかたわらで独自性にもこだわり続けるナカガワ。コアなファンに支持並びに信頼され、過去5,000台を超えるフレームを製作。そこには、常に実践に耐えるフレーム剛性と軽量化への挑戦。ナカガワレーシングチームを含め、数多くのレース活動からのフィードバックを元にした商品開発。そして、最大限の運動能力を追求する効率性の高いフレームを作り上げる事で、多くの有名国内選手は、ナカガワに乗り数々のタイトルを手にしてきた。
フレーム

★購入に関しては、実際に来店頂きじっくり話を進めて行く上で製作に入ります。
ご購入を検討の際には、こちらまでご連絡をお願い致します。

TEL: 072-829-5431 日曜・祝日を除く10:00〜19:00

工場内イメージ
工場内イメージ
border
最適化の実現 乗り方もセットで提案
多くの有名国内選手から支持されるもう一つの背景には、身体寸法からカスタムフレームを作るのではなく、最適なポジションと乗り方を含めて提案する事でスケルトンを割り出す方法にある。現在乗っている自転車を持参してもらい、ペダリングの指導から、ポジションを矯正しサドルの前後位置、ハンドルやブレーキレバーの位置を決める。ポジションを最適化し、どのような走りを求めているか対話する事で剛性を調整、そして初めてユーザーに合うオリジナルフレームを作り出す。
トップチューブカーボン
border
中川 茂
中川 茂

大阪市生まれ。高校を卒業し、24歳まで鉄工所で製缶業の職人を努めるかたわらズノウ レーシングチームを設立。その後、11年間ズノウの蔭山氏の元で独立する事を前提にフレーム作りを学ぶ。1983年、35歳で独立。88年には当時最強のクラブチームであるボスコへフレームを供給し、一躍国内フレームビルダーの旗手に躍り出た。ズノウ時代から徹底的にオリジナリティを追求し、パッと見て「ナカガワ」とわかるようにした。ラグからブリッジ、エンドまで全てにこだわりをみせる。

取扱車種:ロード、ピスト、シクロクロス、ミニベロ

使用素材:クロモリ、カーボン

年間生産本数:約90本

納期:10ヶ月〜

ナカガワサイクルワークス外観

[店舗紹介]

商号:有限会社ナカガワサイクルワークス

代表者:中川 茂

所在地:〒572-0075 大阪府寝屋川市葛原2-14-34

TEL 072-829-5431

FAX 072-829-5524

E-mail:info@nakagawa-cw.co.jp

営業時間:AM10:00~PM7:00

アクセス:京阪電鉄京阪本線寝屋川市駅徒歩25分

定休日:日曜・祝日

※大会役員・チーム監督・メカニックとして不在の場合がございます。